日本タイガー電気株式会社を母体とする、Airbike(エアーバイク)は、主に電動自転車を手掛けている会社になります。
電動自転車を作っていく中で培ったノウハウから、ミニセグウェイにも着手されたということですね。
ミニセグウェイはそもそもアメリカ発祥のものなので、海外メーカーから輸入されて販売されているものが多くなります。
もちろん、正規品であったり優良なメーカーも多いですが、粗悪品もありますよね。
怖いところでは発火事故の報告などもありました。
しかしAirbike(エアーバイク)ならば、安心の国内メーカー。
Airbike(エアーバイク)で扱われているミニセグウェイの性能、購入方法や特徴など詳しくご紹介していきます。

Airbike(エアーバイク)とは?

大阪に本社がある会社が展開する電化製品ブランド

エアバイクとは、大阪に本社を置く日本タイガー電気株式会社が企画販売しているブランドです。
エアーバイクにはミニセグウェイだけでなく電動自転車もあり、安価でオシャレなブランドとして知られています。

店頭では手に入らないブランド

エアーバイクブランドは、店頭では買うことができないネットショップ限定商品。
店頭で販売をするコストを圧縮しネットに特化することで手頃な価格で手に入れることができるブランドでもあります。

他社に比べて手頃な値段設定で格安

エアーバイクのミニセグウェイはもちろんですが、電動自転車など、他社に比べて手頃な値段設定で販売されています。
理由は、日本国内で企画を行い、製造は中国で行なっているからこそ。

中国というと粗悪な商品のイメージがありますが、
エアーバイクシリーズは中国で製造された後も日本人によって一つ一つ丁寧に検品しており、質も担保されています。
数多くの口コミからも、商品の質の高さが伺えますね。

Aさんの口コミ

四月下旬発送との事でしたが、3日後には配送して下さいました。キントーンの半額以下なので、粗悪品かと不安でしたが、一週間使いましたが問題ありませんでした。子供もラウンドワンで遊んでからずっと欲しがっていたので安心しました。

rakuten.co.jp

Bさんの口コミ

予定より早くから配達され、
商品事態も他商品の乗り心地と比べても
なんの問題もありません!
2万円5年保証は破格です!

rakuten.co.jp

Cさんの口コミ

包装、発送、商品説明全てよいです。これからも、注目していきたいショップです。

rakuten.co.jp

Airbike(エアーバイク)の特徴

エアレスタイヤでお手入れが楽

Airbikeに使われているタイヤはエアレスタイヤとなっているので、連続使用やしまい込んでいたものを使う際にも、空気圧を調節する必要がありません。
思う存分楽しむことも、気が向いたときにだけ遊んでみるという使い方もどちらもできるというところもうれしいのではないでしょうか。
ただ、エアレスタイヤである分クッション性は低いので、段差などには気を付けましょう。

通常のセグウェイとエアバイク(ミニセグウェイ)の違い

ハンドルがついていない

Airbikeは足で行う重心移動のみで操作する、新しい乗り物。
よってハンドルがついていない、ということが大きな特徴になります。
足だけの操作は何となく不安定な気がして、怖いと感じる方も多いと思いますが大丈夫。
スケボーなどよりもタイヤが大きく、考えているよりも安定感は大きいので、地初めて乗るという方でもあまり時間をかけず乗りこなすことができますよ。

手持ちができるコンパクトサイズ

(↑専用の袋に入れれば持ち歩きも楽々)

乗り物、と聞けばどうしてもある程度大きなものだと感じますよね。
しかし、Airbikeはハンドルがないことなどからとってもコンパクトな乗り物。
乗って遊んでいるときも小回りが利くので、自宅のリビングなどでも乗りこなすことが可能となっています。
また、乗らない時にも収納場所に困ることがない、というのも大きな魅力の一つではないでしょうか。

Airbike(エアーバイク)の価格帯

本家セグウェイはもちろん、ミニセグウェイも「おもちゃ」のカテゴリに入れ王と考えれば、高価な部類に入ると感じます。
しかしそんな中でもAirbikeは、比較的安価な部類に入るというのもうれしいところ。

本体価格は税込で19,800円と、20,000円を切ります。
ちょっと奮発したプレゼントなどにも適しているといえますね。

そもそもミニセグウェイ(バランススクーター)とは?

足だけで操作する乗り物

ミニセグウェイ、または「バランススクーター」という名前の通りに、脚の重心移動だけで操作をする乗り物ですね。
左右、前後にバランスを取りながら重心移動をすれば、思った通りに動いてくれるという感覚は、一種独特の浮遊感を感じることも。
ハンドルを使う必要がない分、より直感的な操作をする乗り物だといえるのではないでしょうか。

立って乗る新しい乗り物

また、乗り物と聞けばシートに座って操作をするというイメージが強いですよね。
ミニセグウェイの場合は足だけで操作することから、立ったまま乗る乗り物だという特徴があります。
座るというアクションが必要ないので、より気軽に運転をできる乗り物だとも言えますね。
まだおもちゃという側面が強いミニセグウェイですが、広い工場などの移動手段として使うなど、これから幅広い活躍が期待できそうです。

Airbike(エアーバイク)はどこで乗れるのか

公道での走行・利用

Airbikeは公道での走行は禁止されているといえるでしょう。
というよりも、公道での走行をするには、まだAirbikeがどこのカテゴリに入るのか判然としていないといえます。
自動車なのかバイクなのか、はたまた自転車のカテゴリに入るのかが決まっていないのですね。
なので、厳密にいえばまだ法整備をされていない状態。
公道を走ることによって罰金などが下されるわけではありませんが、安全上おすすめはできません。

歩道での走行・利用

歩道での走行も上記の行動と同じく、公に許可されてはいません。
まだAirbikeは「おもちゃ」の範囲内にあるといえるので、公の場である歩道での走行もおすすめはできません。
何より、人が歩くために舗装されている場所になるので、通行の邪魔になる可能性も否めません。
いらぬ事故やトラブルをさけるためにも、歩道での走行もやめておきましょう。

公園での走行・利用

大きな公園など広く場所が解放されており、老若男女多くの方の憩いの場所の場合、基本的にOKと言えるでしょう。
ただし、公園によってはAirbike以外にもスケボーや自転車など「乗り物」の乗り入れを禁止しているところもあります。
まず最初に確認をしておくことが大切だといえますね。
また、許可が出た場合も、周りに配慮して楽しむようにしましょう。

オフロードでの走行・利用

こちらも上記の公園と同じように、基本的にその敷地の管理者がOKを出せば大丈夫。
もちろん自身や家族が持っている土地だ、という場合には何の心配もいらないことになりますね。
ただ、Airbikeはエアレスタイヤを採用しているので、タイヤが固くクッション性はあまり期待できません。
初心者の内はオフロードは危ないかもしれませんね。

Airbike(エアーバイク)の乗り方

乗り方もここまで紹介してきたようにとても簡単。
進みたい方向に重心を移動させれば、それだけで思い通りに操作をすることが出来ます。
また、右足は前に重心を、左足は後ろに重心を乗せることで、その場でスピンをするという技もできますよ。
注意するのは乗る瞬間。
片足だけを乗せ続けていると重心がかかり、移動してしまいます。
思い切って両足とも続けざまに乗せましょう。

ミニセグウェイ(バランススクーター)の購入方法

ミニセグウェイを実際に購入しようとした際、どこで買えるのかというのも悩んでしまうことの一つですよね。
基本的に国内メーカーが作っているもの以外はすべて輸入品になるので、ネット通販が主な方法となります。

正規品の代行サイトから大手通販サイトまで、「ミニセグウェイ」で検索をすれば多くのショップがヒットしますよ。
ここでの注意点は価格だけに惑わされないこと。
きちんとした正規品を扱っている中から、自身の好みに合わせて購入してくださいね。

Airbike(エアーバイク)は初心者でも乗れる?

ハンドルがない分、不安定そうに見えるので初心者には難しいのではないかとも感じますよね。
もちろんいきなり最初から自由自在に操作できる!などということは少ないと感じます。

しかし、重心移動による操作というものは、直感的な操作でもあります。
難しく考えず、とりあえず乗り続けていれば簡単に乗れた、という声も多く聞こえました。
免許が必要ない乗り物として自転車がありますが、自転車のように一度に複数の操作をする必要がないので、自転車よりは簡単かもしれませんね。

Airbike(エアーバイク)の種類

Airbike(エアーバイク)電動スマートスクーター 19,800円

スタイリッシュなデザインがかっこいい、Airbikeから出ているミニセグウェイになります。
安心の国内ブランドだと考えれば、より購入意欲が増しそうですね。
デザインだけではなく随所にこだわりを感じることもできるので、初めて購入するという方にもお勧めできます。

リチウムイオン電池に、純銅モーター、パンクの心配のないエアレスタイヤなどなど。
静かなモーター音でありながら、とてもパワフル。
5年間の修理保証もついているので、長く安全に楽しむことができますよ。

Airbike(エアーバイク)の購入方法

本サイトから購入

Airbikeを購入しようと考えているのならば、おすすめは本サイトからの購入。
カラーバリエーションも豊富なAirbike、自分が一番好きになれるものをすぐに購入することができますよ。
また、保証などのことを考えた場合にも、基本的に正規品を購入していればどこでもついてくるもの。
便利に講習して楽しく乗りこなしましょう。

楽天やアマゾンから購入可能

もちろん大手通販サイトである、楽天やアマゾンからも購入可能。
ただ、Airbikeの単語だけで検索をすると、電動自転車ばかり出てきます。
主力商品は電動自転車なので、仕方がないことではありますが、無駄な時間を費やしてしまうことにもなりかねません。
大手通販サイトから購入しようと考えるのなら、「Airbike」「ミニセグウェイ」など、2単語以上で探してみてくださいね。

Airbike(エアーバイク)を出来るだけ安く買うには?

楽しそうではあるけれど、おもちゃにそこまで費用をかけらないからできるだけ安価に。
こう考える方も多いですよね。
Airbikeをできるだけ安く購入しようと考えるのならば、大手通販サイトなどから価格比較をしてみることが一番ではないでしょうか。
もちろんヤフオクなどでも扱われていることはありますが、正規品ではない場合があります。
費用を抑えることも大切ですが、乗り物である以上安全面も大切です。
正規品以外を購入することがないよう気を付けながら、価格比較をしてみましょう。

まとめ

今回は人気の高いミニセグウェイのなかでも、Airbikeについてご紹介してきました。
なんといっても国内メーカーだという安心感は、何よりも大きなものだといえるのではないでしょうか。
楽しく操作ができる乗り物ですが、「乗り物」である以上安全面は大切ですよね。
もちろん万全の安全性の上に、デザインにもこだわっています。

豊富なカラーバリエーションに、走行中はLEDライトも点灯。
自身で乗って遊ぶだけでももちろん楽しいですが、周りにも自慢ができそうですね。
ちなみに安全面では、スピードを出しすぎた際には、警告音が鳴って自然とスピードを落としてくれるという機能まで。
安心してパワフルな乗り心地を堪能してみてくださいね。